中華パワーメーターXCADEY X-POWERがどうやら壊れた模様

ブログ

特にこれまで異常もなく普通に使えていたんですが、急にパワー値がおかしくなったんです。
ハードに踏んでも100W越えないという状況。
キャリブレーションし直しても、電池を交換しても状況は変わらず。
ご愁傷様でしょうか。。。。
「そういえば購入したときにブログに書いていたなあ。。。」と思って記事の日付を確認したら2018年10月1日。
2年5か月かあ。
XCADEYのホームページみると保証期間は16ケ月となってる。
保証期間はすぎているものの、そこまでハードに使っていたつもりはないのでちょっと不満。
まあしょうがないか、やや過剰品質ともいわれる日本製品の感覚で製品開発しているはずもないしね。

さて気を取り直して。
買い替えるか否かが問題ですね。
とりあえず最新の製品どんなか調べてみることにします。
Aliexpressで見るとXCADEYの左クランク型のパワーメーターの主力は、電源がボタン電池じゃなくて充電式になってるようです。
パワーメーターの電池ってそんなに減るもんじゃないのでボタン電池で十分な気もしますが、電池の蓋から浸水の心配がないというのがメリットかもしれませんね。
過去にStagesを使ってた頃に一度走行中知らぬ間に電池の蓋が脱落して無くした!なんて経験もしてるので、そういうトラブルを回避できるという点でもよいのかも。

https://s.click.aliexpress.com/e/_9Qdq1s

チェーンリング側の右クランクのパワーメーターは価格が高い印象あるんですが、今回左クランクとそんなに価格が変わらない製品見つけました。
このへん使えばGIANTのPOWER PRO(税抜定価10万円)よりもリーズナブルに両足パワー計測が実現しますね。(ちなみにGIANTは2年保証。)

https://s.click.aliexpress.com/e/_987Rhk

でもただ買い替えるだけって何かつまらない気もします。
クランクといえばロードでもダイレクトマウント化が進んでますよね。
SRAMのetap AXSのクランクもダイレクトマウントになってます。
もうじき発表されると噂の新型デュラエースもダイレクトマウントクランクになるのでは?なんて予想もあります。
そういえば新型デュラエース発表のXデーもうすぐですよね。
(2021年3月23日のシマノ100周年アニバーサリーサイトのオープンに向けて発表などと言われている。。。)

ダイレクトマウントクランクだとパワーメーターはスパイダーアームに仕込むタイプが一般的です。
これだと両クランク計測のように左右のパワーバランスの解析ができるし、クランクを変更してもスパイダーアームといっしょにパワーメーターを移植できるというメリットもあります。
Aliexpressではダイレクトマウントクランク用のスパイダーアーム型のパワーメーターがすでに広く流通してるようですね。
各社クランクとスパイダーアームの嵌合形状が異なりますが、ROTOR、SRAM、Specialized、Canonndale、Eastonなど主要メーカー向けに対応したラインナップが展開されています。

https://s.click.aliexpress.com/e/_A701uE

まあ確かに魅力的なんですが、現状はダイレクトマウントのクランク自体を持っていないわけなので、それを考えると出費が増えるのが悩みどころなんだよなあ。。。
などと思っていたら、超リーズナブルな感じの製品をみつけました。
こちらです。

https://s.click.aliexpress.com/e/_AYnvNk

クランクがおまけでついてくる!みたいな製品ですね。
XCADEYオリジナルクランク大丈夫なんでしょうか?
一応、ROTORのクランクのような内部構造で一見まともそうに見えます。
重量はチェーンリングなしで530gなので、9000デュラエース(実測483g)よりは重いですが8000アルテグラ(実測523g)と同じくらいなので悪くないんじゃないでしょうか。
小物部品含めた実測重量はけっこう重かった!なんてことがなければですがね。。。。

シマノ4アーム用のバリエーションがあるのでチェーンリングは手持ちのものをそのまま使えるのも嬉しいですね。
どんなレベルのクランクかよくわかりませんが人柱魂が刺激されます。
これはちょっと面白げです。
嵌合はSRAM互換なので、クランクがダメでも最悪はetap AXSを買うという手もありますしね。
どんなことになるやら、ちょっと楽しみになってきました。

コメント

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
タイトルとURLをコピーしました