ロードでフロントシングルの可能性ってどうだろう?

フロントシングル
リアスプロケの多段化でMTBやシクロクロスではフロントシングルが当たり前になりつつあるようですが、ロードでもそんな流れがだんだんと来てるみたい。
もともとスラムがフロント変速でシマノにかなわないから、そんならフロントシングルで勝負しよう!という発想からきてるって聞いたことあります。
ホントかどうかわからないけど。。。
でも意外とユーザーに受け入れられてるという事実はありますよね。
フロントディレーラ、インナーチェーンリング不要になるし、フロント変速時のトラブルの心配もなくなる。
実際プロロードのUCIコンチネンタルチームでも試験的に導入してるチームがあるようです。シクロワイヤードの記事。

フロントシングルの3Tバイク登場 UCIプロコン&女子チームのバイクを紹介 - カデルエヴァンス・グレートオーシャン・ロードレース2018チームバイク
真夏のオーストラリアレースを走ったチームバイク特集番外編。カデルエヴァンス・グレートオーシャン・ロードレースを走ったUCIプロコンチネンタルチームならびに女子チームのバイクを紹介します。

{F1AF2F46-7BAA-4507-B019-E6C1F2CBD8EE}

そういえば自分も冬の練習コースだと登りがあっても短い丘くらいなのでインナーは使ってないなあ。
インナーで11速分あってもギア比的に使えるのは実際ロー側3枚。
ということは11速×2といっても実質的には14速。
スラムのMTBコンポみたいにせめて12速は欲しい気もしますが、とりあえず11速で14速分まかなおうとしたらどうなるのか真面目に考えてみました。

自分の場合、基本はフロント50-34Tでリアは12-25T。
これだとトップ50-12Tはギア比4.17、ローは34-25Tでギア比1.36。
フロントにシクロクロス用の46Tを持ってきて、リアをスラムの11-36Tにすると、
トップは46-11Tでギア比4.17、ローは46-36Tでギア比1.28。

オー!これだとフロント50-34Tのリア12-25Tよりもワイドになりますね。

ちなみにフロントは46Tのまま、リアをスラムの11-32Tにすると、
トップは同じでギア比4.17、ローは46-32Tでギア比1.44。
フロント50-34Tのリア12-25Tには負けますが、フロント50-34Tのリア12-23T(ローギア比1.48)よりはちょこっとワイドになります。

問題はリアスプロケのギア構成の中身になりますが、
11-36Tだと11-12-13-15-17-19-22-25-28-32-36。
11-32Tだと11-12-13-14-15-17-19-22-25-28-32。
フロント50Tだとリア16Tまでクロスで欲しいところですが、フロント46Tだとリア15Tまでクロスでいいという計算。
ということは11-32Tの11速に対して12速化して36Tを追加すればOKなのかも!?
ロー側ギアがスカスカなのでちょっと不安ですが、12速ならフロントシングルでも可能性あるかもしれないですねえ。
これはちょっと面白いかもしれませんよ!

どうでしょうか?

コメント

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
タイトルとURLをコピーしました